2009年09月04日

かながわ創業応援キャラバン2009の感想です

8月29日(土)に行われましたかながわ創業応援キャラバン2009

の感想です。

先日お伝えした記事

をまず見ていただいてからのほうが、入りやすいと思います。

私は、NPO法人系の事業は『胡散臭い』と思ってました。

ボランティアと事業との境が良く理解できなかったからです。

税金面でも、一般の会社とは違いますし...

儲かるためにNPO法人を立ち上げる人たちがいたりする話も聞きますからねあせあせ(飛び散る汗)今回、やはり『不登校・ひきこもり』

という問題からか、学校の先生方が多く聴きにきていました。

中には、しっかりとメモをして これからの学校のために聞き入っている方も見受けられました。

私は、「どんな悪いヤツが話するんだ」と

かなり否定的な目で見ていました。

今回、基調講演を行った 滝田 衛(たきた まもる)氏は

神奈川県の横須賀市で活動を続けている方で...

実は、前職は学校の先生でした。

2004年1月にNPO法人 アンガージュマン・横須賀を設立
2006年に公立中学校の教頭を退職
2008年にアンガージュマン・横須賀の理事に就任

現在も地域活動を取り入れた、『不登校・引きこもり』のための勉強スペースや自立支援活動に力を注いでおられます。

自立支援の活動場所は、横須賀の上町にある『はるかぜ書店』
という、本屋さんです。

滝田氏は、あるアーティストの歌を聞かせてくれました。

モンゴル800の「夢叶う」です

というアルバムに収録されているそうです。



その中の一節に
『親が子の道を作りすぎて 夢を持つことを忘れた子
自分を責めないで 劣等感に怯えないで
あなたには あなただけの大切な意味がある
僕らはどこかで間違った 下手な生き方を学んだ
人として生きる意味』

この部分の“親”を“社会”と変えて歌ってみてください。と...

『不登校・ひきこもり』は、彼らからのサインなんです。

本当なら、しっかり学校へ行くことが『普通』とされていますね。

しかし、彼らには『普通』とは違う“何か”を持っているのです。

“何か”とは、私は“しっかりとした自分の考え・意思”

思います。

彼らは、『不登校・引きこもり』という手段を使い
自分の考えを聞いてもらいたいのだと...

なんだか考えさせられた講演でした。

つづく...
posted by 副業応援隊 at 00:03| Comment(3) | セミナー感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは

ブログへの訪問、応援ありがとうございました。

あやあやです

私も子供がいますが、
自分の意思で行動出来るようになってほしいです。

応援ポチ
Posted by 初心者、主婦大歓迎、人生絶好調のあやあや at 2009年09月04日 06:32
はじめまして


チェロと申します(^◇^)

ブログへの訪問コメント

それと資料請求?ありがとうございました(._.)


私にも2人の子供がいますが、

どう育っていくかがやっぱり不安ですね(^_^;)

そういった講演やセミナーも参加したいとおもいます。


色々とセミナーなども受けておられるんですね。

チェロも今年の後半の目標は

セミナーに参加5回です(^O^)/

いまだゼロ。。。

ぼちぼちマイペースでいきます!

応援ぽち!
Posted by チェロ at 2009年09月04日 11:55
こんにちは、よろしこガール☆作者のひよこです。
ブログに来ていただいてありがとうございました。
また私も時々うかがいますね☆
宜しくお願いします。
Posted by ひよこ at 2009年09月06日 12:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
相互リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。